昨年来製品安全を目的とした法改正が順次実施されております。ガスこんろにおいても、住宅火災を減らす目的で平成20年10月1日に施行されるの関連法令により、全口に安全センサーの搭載が義務付けられます

安全装置 調理油過熱防止装置(天ぷら油過熱防止装置)
■法令の公布・施行予定日
煮こぼれや吹きこぼれ、強風などで火が消えた時、自動的にガスを止めます。
■主な法令改正の内容
「家庭用のガスこんろ」をガス事業法及び液化石油ガス規制対象として指定し、ガスこんろからの住宅火災を減らす目的で、「調理油過熱防止装置」と「立ち消え安全装置」が全てのこんろバーナーに装備されることが義務付けられます。
火が消えるとガスを遮断
加熱中
立ち消え安全装置
センサーが鍋底の温度を感知し、約250℃になると自動的に消火して油の発火を防ぎます。

平成20年8月1日交付
平成20年10月1日施行