家の敷地内に大きな巣を作られたり、スズメバチが大量に発生してるなど、蜂の駆除なら代行救急社のハチ駆除サービスにお任せ下さい。

代行救急社のハチ駆除サービス

見積は無料!安心してメールでも、電話でも、ご相談下さい。

TEL-0847-22-2111

蜂の活動時期

これは蜂の種類によっても多少異なりますが、概ねは気温が少し暖かくなり始める
春先の2月から真冬の時期に入る前頃(10〜12月頃)までとなります。
そのうち、8月、9月がえさの捕獲時期なので、その時期に多くの
蜂の巣を見かけるようになります。

当社ではそういった蜂の巣を、専用の薬と道具を使用し、
駆除いたします。

行う際は周囲に危険が及ばないよう万全に対処し、安全を
確認した上で開始します。



スズメバチの危険性について

黒い色のものをなるべく身にまとわないことと、後は香りの強いものを持たないこと。
特に香水などをつけている状態は危険であり、蜂の攻撃性を刺激することになりますので、
ご自分の状態を一度確認することが大事です。
働きバチは自分たちの巣を強力な毒針で防御しています。挑発されない限り、人間を刺すことはないですが、ハチ毒アレルギーの人や、刺されると非常に危険な反応を起こす人もいます。

もし刺されたら

スズメバチは、一度しか刺さないミツバチと違って、大きなアゴで服や皮膚にかみつき、ブスブスと何度も刺すので、刺されたらまず払い落とし たたきつぶすのが先決。次に身を低くしてその場をすみやかに離れ、刺された場所を口で吸って少しでも毒を出し、できるだけ早く病院で治療を受けましょう。
 スズメバチの毒はやっかいなタンパク質系の毒で、私たちの体が持つ免疫システム(抗原抗体反応)に反応し、人によってはショック死を起こす場合があります。ハチアレルギー症の人は10分から15分の間に治療を受けなければ非常に危険な状態になるので要注意。抗ヒスタミン軟膏(薬局で売っています)を塗るなどの応急処置もできますが、ともかく病院へ!
 スズメバチに二度刺されると死ぬという話は、この抗原抗体反応によって一度目に刺された時にハチの毒に対抗する抗体ができ、二度目に刺された時に抗体によって免疫とは逆のアレルギー反応(ハチアレルギー)を起こすハチアレルギー体質の人がいるところからきています。すべての人が二度刺されると死ぬわけではありません。

巣を攻撃すれば集団で攻撃してきます。むやみに巣に近づいたり、ハチを刺激することは避けましょう。
代行救急社のハチ駆除サービスでは、専門のスタッフが適切な処置をし、ハチの駆除を安全に行います。